Pd RARADOX

HOME > ABOUT RECRUITING

中途採用について

そのスキルは、
世の中を幸せにしていますか。

私たちが手がけている、
ブランディングやクリエイティブは、
なんのためにあるのでしょうか?

企業や商品を差別化して、際立たせる。
そして、長期的な利益を生み出す。

たしかに、
ビジネス的にはそういうことかもしれません。
でも、社会全体から見たときに、
それだけでよいのでしょうか?

GDP的観点からすれば、
日本は世界第三位の経済大国です。
この国土や人口にも関わらず、
その成績はすごいことですが、
幸福度というものさしで見れば、
世界で50位以下。
先進国の中では残念なことに最下位なのです。

海外を旅すると、よく分かります。
日本がいかに素晴らしいか、ということを。
治安もいい、料理も美味しい、
人々も丁寧で親切・・・。
それなのに、なぜなんでしょう?

戦後、私たちはさまざまな事情や都合で、
「社会全体として」ものごとを捉えることを
あまりしなくなってしまいました。

目の前のお客さまに対して、
精一杯の価値を提供する。
それはそれで尊いことだと思います。

しかし、それだけをつきつめた先に、
本当のしあわせは見つかるのでしょうか?

私たちは、こう考えます。
人のしあわせとは、
その人がその人らしい価値を
発揮して生きていくことだと。
もっと言えば、
その人にしかできない役割を
全うすることだと。
自分の人生を生きている。
誇りを持ってそう言えることだと。

人は、企業の奴隷ではない。
自分の人生の目的をはっきりと持ち、
明確な価値観を持ち、強みを生かしてこそ、
本当のやりがいを感じ、
それはやがて生きがいとなり、
幸福度が高まります。

世の中に一人でも多く、
そういう人をふやすために。
その人が、もっとその人になるために。

私たちの仕事はあります。

企業や商品のDNAをひもとき、
世の中のニーズと結びつけることで、
唯一無二の価値を際立たせていく。
さらに、その企業ではたらく一人ひとりの
唯一無二の価値を際立たせていく。
それによって、真のオンリーワンの価値を生まれ、
それぞれの自己実現に向かって加速していきます。

失われた30年。

それは、私たちの自信や誇り、
志が失われた30年だと
言い換えることができるかもしれない。

その企業が何のために生まれてきたのか、
その人が何のために生まれてきたのか。
その答えを探し、見つけ、育んでいくことで、
日本という国が
もっと幸せな国になるために貢献したい。

志ある仲間を、切に求めています。

株式会社パラドックス
代表取締役 鈴木猛之