Pd RARADOX

HOME > クリエイティブ事例 > 武蔵野大学附属千代田高等学院

CATEGORYカスタマーブランディング コーポレートブランディング 

CREATIVE学校案内/入学案内

TYPE教育業界

AREA東京都 

AWARD日本BtoB広告賞 企業カタログの部 銀賞

CLIENT武蔵野大学附属千代田高等学院

クライアント紹介・制作背景千代田区に校舎を構える武蔵野大学附属千代田高等学院さまは、2018年に創立130年を迎えた学校です。2020年、新たな校長の就任を機に、「日本の教育システムを変え、世界に自分なりの貢献ができる人材を育てる」ことを目標に掲げて学校づくりをはじめました。新たな教育方針に込めた思いが伝わる「未来の学校像」を世の中に発信するためのコンセプトおよび、学校案内パンフレット・リーフレットをご提案しました。

コンセプト・アウトプット今回の大きなテーマは、教育思想や価値観で選ばれる学校になることでした。そのために、コンセプト設計からアウトプットまでを一連でご提案し、その中で「世界を変える、CRAZYを育てる」というスローガンを立てました。また、校長先生や教職員のみなさまへのヒアリングから、学校の目指す価値観を抽出し「6つの価値観」として記載し、学校の目指すべき姿を言語化することで、価値観の一致する生徒や保護者の方とのマッチングを狙っています。アウトプットは、塾や説明会で配布して興味を持ってもらうためのリーフレットと、学校の価値観をより知ってもらうためのパンフレットの2点を制作し、役割と目的を整理しました。生徒にとっても身近な暗記シートや方眼ノートをモチーフとしながら、正解を求める日本教育へのアンチテーゼを表現しています。

お客様からの声教育方針をしっかりと言語化し、学校の目指す姿を伝えるツールを作成したことによって、生徒や保護者の方と、思想・価値観でコミュニケーションを取ることのできる1冊となりました。実際にご使用いただく中で、お客様からは、以下のようなお声をいただいております。

・これまでにないクリエイティブが興味を引きつけ、説明会の開始までの時間でまじまじと読んでいただいている姿がみられる。
・相談会に参加する生徒と保護者の方が、すでにツールを読み込んできてくださり、「とても素敵な考えを持った学校で、ぜひ子供を通わせたい」という声をたくさん頂いている。
・これまでの学校に対するアンチテーゼを分かりやすく、これまでにない面白い形で示せているため、より多くの人に興味を持ってもらえていて、自由な発想を応援する本校の姿勢を、うまく表現できていると思う。
・価値観や考え方で学校選びをしていただける層が増えた。