Pd RARADOX

HOME > クリエイティブ事例 > 沖縄県酒造組合

CATEGORYカスタマーブランディング 

CREATIVE

TYPEIT・情報業界

AREA沖縄県 

CLIENT沖縄県酒造組合

沖縄県酒造組合|ブランドブック「泡盛を、沖縄の誇りにする」ための、仲間づくりのツールに。

クライアント紹介・制作背景

1976年に設立され、沖縄県内にある46の酒造所すべてが加入している、沖縄県酒造組合。パラドックスは、2021年度、業界全体で行う「泡盛」のブランディングをお手伝いさせていただきました。今後、泡盛業界ではこの新しいブランドコンセプトに基づいたプロモーション活動がスタートし、いっしょに泡盛を盛り上げてくれる仲間(ブランドパートナー)が必要になってきます。これから仲間になる方に向けた仲間づくりのツールとして、今回のブランディングの背景からブランドアイデンティティの全てを落とし込んだブランドブックが必要でした。

▼「泡盛」のブランドアイデンティティの策定、スローガンとロゴ開発に関する詳細はこちらから。
https://prdx.co.jp/branding/okinawa_awamori/

 

コンセプト・アウトプット

こちらのブランドブックは2冊で1セットです。1冊(白本)は、ブランディングの背景(課題やプロセス)から、ブランドアイデンティティに込めた想いをしっかりと落とし込んだもの。こちらのタイトルは、業界の使命である「泡盛を、沖縄の誇りにする」となっています。もう1冊(青本)は、今回のブランドコンセプトの世界観を表現したもの。こちらはスローガンである「あそび心、盛りだくさん」がタイトルになっています。業界の関係者や、今後仲間になってくれそうなメディア、飲食店、インフルエンサーの方などには、背景から理解していただく必要があるため、2冊セットでお渡ししていき、イベントやお店などで自由にお配りいただく際は、青本のみの状態で配布できるようになっています。

 

効果

こちらのBOOKは、酒造所の社員のみなさまをはじめ、メディアリリースイベントにお越しいただいたメディアの方やインフルエンサーの方、今後ご協力いただく可能性のある飲食店の方などに配布していただいております。実際にこちらのBOOKを読んだ方がイベントを主催してくださったり、2022年7月にオープン予定の那覇空港の泡盛ショップではこちらの青本の配布を予定しています。