Pd RARADOX

HOME > クリエイティブ事例 > 小田急不動産株式会社

CATEGORYコーポレートブランディング 

CREATIVE会社案内/コンセプトブック

TYPE不動産業界

AREA東京都 神奈川県 

AWARD2021日本BtoB広告賞 企業カタログ部門 金賞

URLhttps://www.odakyu-chukai.com/machi-machi/

CLIENT小田急不動産株式会社

小田急不動産株式会社|仲介営業部コンセプトブック「まちまちストーリーズ」

クライアント紹介・制作背景

小田急不動産株式会社は、1964年に創業。小田急電鉄直系の不動産会社として、小田急沿線に特化した事業展開で、沿線に居住するお客様から信頼を獲得し続けてきました。クライアントである、仲介営業部様は、小田急不動産の中でも、分譲業・賃貸業と並ぶ主軸となる事業の一つです。事業理念策定に伴い「どんな想いで小田急線沿線の街と向き合っているか」「小田急不動産だから持っている価値」を、お客様にも知っていただく施策が必要と感じていました。

コンセプト・アウトプット

小田急線沿線にホームタウンを持つ不動産会社なので、ただ事業理念を説明するだけではもったいない。「この街を愛し、ここにしかない人生の景色を描く。」という理念に紐付き、あたたかく純朴で、真っ直ぐな同社の「らしさ」を全面に活かす伝え方を検討しました。結果、小田急沿線の街、それぞれの味わいを通じて、理念を感じていただけるようなフィクションの短編集を制作いたしました。

「街と小田急不動産をつなぐハブ」となり、人と人を、人と街をつなげ、広がりを生み出し、ブックを通してコミュニケーションが生まれるような設計。街の雰囲気や、暮らす人の特性を描写し、実際に小田急線沿線で住み暮らす人々が「わかる!」と共感するほど細かな部分までリアリティを追求した、その街ならではのエピソードが展開されるブックとなりました。(2020年9月にvol.1、2021年3月にvol.2を発行)

また、冊子だけでなく、関わった店舗や団体を特集するドキュメントムービーとして『まちまちムービー』を制作。本誌はフィクション、ムービーはノンフィクションとして、街への取り組みや想いを語っていただきました。ムービーは、小田急電鉄のトレインチャンネルとしても公開し、広くプロジェクトを周知するきっかけとなりました。制作時はコロナ禍でもあったため、来店が難しいことも考え、特設サイトも制作。まちまち本文とまちまちムービーを全編公開し、WEBでも楽しんでいただくコンテンツとしました。

反響・成果

小田急グループの会員2万3000名に配布するとともに、店舗でも無料配布を行い、一般層へも周知。顧客・関係者より、大きな反響をいただきました。
『2021日本BtoB広告賞』では、企業カタログ部門にて『まちまちストーリーズ』が金賞を受賞。各業界メディアに取り上げていただくとともに、地域メディアからもお問い合わせをいただきました。

お客様からの声

コロナ禍で、当社がお客様のために何ができるかを突き詰めて考え、実際にかたちにしてくださいました。誰しもが忘れてしまいがちな「愛おしい日常」の舞台となる街へ何度も足を運んで、インタビュー取材を繰り返しながら、リアリティ溢れる世界観を生み出していただきました。物語を読むことで、その街で暮らす情景が頭に浮かび、住んでいる方には愛おしく、住もうと思われる方には擬似体験となる、そんな新しい素晴らしい冊子をつくっていただき本当に感謝しています。